• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【トマトと卵の炒め物】味付けはまさかの顆粒ダシのみ

中国料理壱龍釜(神奈川県・横浜市)

 昨年12月にオープンしたばかりの「壱龍釜」。日本における広東焼き物料理の第一人者、ミシュラン星獲得店で料理長も務めた横尾博志氏がプロデュースし、本格中華がお手頃価格で楽しめる名店と評判だ。

 料理長を務めるのは、横尾氏の盟友である唐子庭さん。

「料理を普段したことのない人でも簡単に作れるものという企画と聞いたので……」

 と、提供してくれたのは中華の定番料理だ。トマトの酸味に、ほどよいしょっぱさ。万能ネギの歯ざわりも心地よく、卵の優しい味わいが口いっぱいに広がる。それにしても気になったのが味付けだ。何か特別な調味料を使っているのか。

「味付けはこれ。これだけなんです」

 唐料理長が見せてくれたのは、なんとカツオの顆粒ダシ。味噌汁や鍋物に使う、あの顆粒ダシだ。

「トマトとカツオのダシって、意外と合うでしょ? 普通の料理人は顆粒ダシを使いませんが、それではもったいない。顆粒ダシの可能性というのは面白いんです。私もいろいろと研究をしているんですよ」

 材料、調理法ともに、特別なものはなし。「中華の達人、恐るべし」と思いつつ、箸が伸びてしまう本紙記者だった。

《材料》
・トマト      2分の1個
・卵        2個
・カツオの顆粒ダシ    1袋(8グラムのスティック)
・万能ネギ     1本

《レシピ》
 皮をむいて食べやすい大きさにスライスしたトマト、刻んだ万能ネギ、顆粒ダシを溶き卵に入れて混ぜ合わせる。それをフライパンで炒めて完成。

今日の達人 唐子庭さん

▽とう・してい
 1947年、広東省珠海市出身。プリンスホテル系列で中華料理長を歴任し、91年にヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの「中国料理 カリュウ」初代料理長に就任。世界屈指のチャイナタウン、横浜中華街を擁する横浜ならではのバリエーション豊富な料理が得意。

●壱龍釜
 日本における広東焼き物料理の第一人者、横尾博志氏がプロデュースし昨年12月に開店。横尾氏のレシピを基に作られた広東料理を中心にさまざまな本格中華が楽しめる。店名の由来となった世界に1つだけの特注釜は、焼き物の出来上がりが違うと評判。春雨を使った「麻辣湯(マーラータン)」は女性にも人気。
神奈川県横浜市南区浦舟町1―8 ℡045・309・8286

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る