【トマトと卵の炒め物】味付けはまさかの顆粒ダシのみ

公開日:

中国料理壱龍釜(神奈川県・横浜市)

 昨年12月にオープンしたばかりの「壱龍釜」。日本における広東焼き物料理の第一人者、ミシュラン星獲得店で料理長も務めた横尾博志氏がプロデュースし、本格中華がお手頃価格で楽しめる名店と評判だ。

 料理長を務めるのは、横尾氏の盟友である唐子庭さん。

「料理を普段したことのない人でも簡単に作れるものという企画と聞いたので……」

 と、提供してくれたのは中華の定番料理だ。トマトの酸味に、ほどよいしょっぱさ。万能ネギの歯ざわりも心地よく、卵の優しい味わいが口いっぱいに広がる。それにしても気になったのが味付けだ。何か特別な調味料を使っているのか。

「味付けはこれ。これだけなんです」

 唐料理長が見せてくれたのは、なんとカツオの顆粒ダシ。味噌汁や鍋物に使う、あの顆粒ダシだ。

「トマトとカツオのダシって、意外と合うでしょ? 普通の料理人は顆粒ダシを使いませんが、それではもったいない。顆粒ダシの可能性というのは面白いんです。私もいろいろと研究をしているんですよ」

 材料、調理法ともに、特別なものはなし。「中華の達人、恐るべし」と思いつつ、箸が伸びてしまう本紙記者だった。

《材料》
・トマト      2分の1個
・卵        2個
・カツオの顆粒ダシ    1袋(8グラムのスティック)
・万能ネギ     1本

《レシピ》
 皮をむいて食べやすい大きさにスライスしたトマト、刻んだ万能ネギ、顆粒ダシを溶き卵に入れて混ぜ合わせる。それをフライパンで炒めて完成。

今日の達人 唐子庭さん

▽とう・してい
 1947年、広東省珠海市出身。プリンスホテル系列で中華料理長を歴任し、91年にヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの「中国料理 カリュウ」初代料理長に就任。世界屈指のチャイナタウン、横浜中華街を擁する横浜ならではのバリエーション豊富な料理が得意。

●壱龍釜
 日本における広東焼き物料理の第一人者、横尾博志氏がプロデュースし昨年12月に開店。横尾氏のレシピを基に作られた広東料理を中心にさまざまな本格中華が楽しめる。店名の由来となった世界に1つだけの特注釜は、焼き物の出来上がりが違うと評判。春雨を使った「麻辣湯(マーラータン)」は女性にも人気。
神奈川県横浜市南区浦舟町1―8 ℡045・309・8286

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る