• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

580億円流出のコインチェック “補償は日本円”の業界事情

 流出した仮想通貨「NEM」が、匿名性の高いサイトで交換された疑いが濃厚になっている。警視庁は交換に応じた日本人を事情聴取しているが、犯人の特定には至っていない。大量のコインを取り戻すのは難しい状況だ。

 不正送金の舞台となった取引所サービスを運営していたコインチェックは、26万人のNEM保有者に日本円で返金することを発表した。同社取締役の大塚雄介氏は「自己資金で手当てはできている」としているが、補償の具体的な時期については、まだ明らかにされていない。

 そもそも流出したのはNEMである。なぜNEMではなく日本円で補償するのか。ある業界関係者は「税金の問題が大きい」と説明する。

「NEMで補償するためには、それをどこかから調達しなければなりません。つまりNEMを買い取る必要があるわけです。NEMは日本で人気があるコインですし、すべての流出分を国内の保有者から買うことも可能。でも、そうなると売り主は、莫大な税金を支払わなければなりません。それでNEMの確保をあきらめ、日本円での補償になったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る