580億円流出のコインチェック “補償は日本円”の業界事情

公開日:

 流出した仮想通貨「NEM」が、匿名性の高いサイトで交換された疑いが濃厚になっている。警視庁は交換に応じた日本人を事情聴取しているが、犯人の特定には至っていない。大量のコインを取り戻すのは難しい状況だ。

 不正送金の舞台となった取引所サービスを運営していたコインチェックは、26万人のNEM保有者に日本円で返金することを発表した。同社取締役の大塚雄介氏は「自己資金で手当てはできている」としているが、補償の具体的な時期については、まだ明らかにされていない。

 そもそも流出したのはNEMである。なぜNEMではなく日本円で補償するのか。ある業界関係者は「税金の問題が大きい」と説明する。

「NEMで補償するためには、それをどこかから調達しなければなりません。つまりNEMを買い取る必要があるわけです。NEMは日本で人気があるコインですし、すべての流出分を国内の保有者から買うことも可能。でも、そうなると売り主は、莫大な税金を支払わなければなりません。それでNEMの確保をあきらめ、日本円での補償になったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る