• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

吉永小百合の映画タイトルにも 桜守の仕事と名所の管理

 咲いた桜を守る人、あるいは一年を通して桜の木を健康に育てる人を桜守と呼ぶ――。吉永小百合主演で現在公開中の映画「北の桜守」(東映)も、“桜を守る人”に関係があるのか?

 それはともかく、全国の桜の名所には、当然、桜守がいる。近年は、弘前公園のように、樹木医と呼ばれる資格を持つ人が施肥や剪定など手入れを任されているケースも増えている。ソメイヨシノの樹齢は60年ほどだが、それを超える古木が毎年、美しい花を咲かせるのはこうした人々の存在があってこそなのだ。

 国の天然記念物で日本三大桜のひとつ、福島県三春町の「滝桜」は、樹齢1000年を超える(推定)。ベニシダレサクラの老木で、昨年は16万人もの観光客が訪れた桜スポット。空から降り注ぐような咲きっぷりは、見事のひと言。もちろん、管理・保存体制に抜かりはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る