吉永小百合の映画タイトルにも 桜守の仕事と名所の管理

公開日:

 咲いた桜を守る人、あるいは一年を通して桜の木を健康に育てる人を桜守と呼ぶ――。吉永小百合主演で現在公開中の映画「北の桜守」(東映)も、“桜を守る人”に関係があるのか?

 それはともかく、全国の桜の名所には、当然、桜守がいる。近年は、弘前公園のように、樹木医と呼ばれる資格を持つ人が施肥や剪定など手入れを任されているケースも増えている。ソメイヨシノの樹齢は60年ほどだが、それを超える古木が毎年、美しい花を咲かせるのはこうした人々の存在があってこそなのだ。

 国の天然記念物で日本三大桜のひとつ、福島県三春町の「滝桜」は、樹齢1000年を超える(推定)。ベニシダレサクラの老木で、昨年は16万人もの観光客が訪れた桜スポット。空から降り注ぐような咲きっぷりは、見事のひと言。もちろん、管理・保存体制に抜かりはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る