• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桜の開花宣言「標本木」の基準は何? 気象庁に聞いた

 桜の開花を発表する際に利用するのが、各地の気象台が観測する「標本木」だ。東京なら靖国神社、岐阜県は清水川堤、大阪は大阪城公園内に標本木があるが、気象庁の職員がこれを目視で観測し、5~6輪咲いていれば“開花”となる。

 この標本木はどういう基準で選ばれるのか?

「最大の理由は庁舎から“近い”ことですかね。福岡管区気象台のように庁舎内にある桜(ソメイヨシノ)を観測する場合もあります。東京管区気象台(気象庁本庁)の敷地には桜がないため、靖国神社まで行っています」(気象庁担当者)

 確かに清水川堤も大阪城公園も各庁舎からは目と鼻の先。ただし、気象庁本庁から靖国神社までは2キロ以上もあり、より近いということなら手前の千鳥ケ淵の桜でもいいのではないか。

「確かに千鳥ケ淵の方が近いですね……。東京の標本木がどういう基準で選ばれたのか、実はあまりに昔で分かりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事