桜の開花宣言「標本木」の基準は何? 気象庁に聞いた

公開日:

 桜の開花を発表する際に利用するのが、各地の気象台が観測する「標本木」だ。東京なら靖国神社、岐阜県は清水川堤、大阪は大阪城公園内に標本木があるが、気象庁の職員がこれを目視で観測し、5~6輪咲いていれば“開花”となる。

 この標本木はどういう基準で選ばれるのか?

「最大の理由は庁舎から“近い”ことですかね。福岡管区気象台のように庁舎内にある桜(ソメイヨシノ)を観測する場合もあります。東京管区気象台(気象庁本庁)の敷地には桜がないため、靖国神社まで行っています」(気象庁担当者)

 確かに清水川堤も大阪城公園も各庁舎からは目と鼻の先。ただし、気象庁本庁から靖国神社までは2キロ以上もあり、より近いということなら手前の千鳥ケ淵の桜でもいいのではないか。

「確かに千鳥ケ淵の方が近いですね……。東京の標本木がどういう基準で選ばれたのか、実はあまりに昔で分かりません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る