全国1000万本は“クローン” ソメイヨシノの原木はどこに?

公開日:

《桜花 何が不足で ちりいそぐ》

 生涯2万句を詠んだ小林一茶も、桜を題材に多くの俳句を残している。全国から続々と開花の便りが寄せられるようになったが、代表格であるソメイヨシノは開花から満開までおおよそ1週間。見ごろはあっという間だ。平年より6日早く、過去5番目の早さで咲いた京都の世界遺産・二条城では、「桜まつり」が23日からスタート。夜間は幻想的なライトアップが行われている。もっとも、桜については知らないことも多い。さまざまなギモンを調べてみた。

 ◇  ◇  ◇ 

 日本人が大好きなソメイヨシノは全国に1000万本あるとされる。日照条件などで多少の差こそあれ、同じ場所であれば一斉に咲き、そして一斉に散る。これは全国のソメイヨシノが同じ遺伝子を持つクローンだからだ。では、そのクローンのオリジナルはどこにあるのか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る