意外と安かった 花見「場所取り代行」の料金とサービス

公開日:

 平安の昔から花見の風習はあったが、それが庶民にまで定着したのは江戸時代に入ってから。

 歌学者・戸田茂睡の記述によると、元禄年間には上野寛永寺が「桜見スポット」の名所となり、グループの幔幕が300も並ぶ壮観さだったという。この頃になると、“花見小袖”といって、若い女性らが流行の柄の着物を競って着たという。

 それが昭和になり、花見の場所取りは新人社員の壮絶なミッションとなった。人気スポットは前日入りでようやく場所を確保できるほどの激戦。もっとも、今は勤務時間外に働かせるのはパワハラになるため、そこで場所取り代行業が大流行している。

 その料金も意外なほどに格安だ。1時間3000円前後が相場だが、場所取りはプロに任せた方が無難ということもあって、外資系企業などからの依頼が相次いでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る