• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

意外と安かった 花見「場所取り代行」の料金とサービス

 平安の昔から花見の風習はあったが、それが庶民にまで定着したのは江戸時代に入ってから。

 歌学者・戸田茂睡の記述によると、元禄年間には上野寛永寺が「桜見スポット」の名所となり、グループの幔幕が300も並ぶ壮観さだったという。この頃になると、“花見小袖”といって、若い女性らが流行の柄の着物を競って着たという。

 それが昭和になり、花見の場所取りは新人社員の壮絶なミッションとなった。人気スポットは前日入りでようやく場所を確保できるほどの激戦。もっとも、今は勤務時間外に働かせるのはパワハラになるため、そこで場所取り代行業が大流行している。

 その料金も意外なほどに格安だ。1時間3000円前後が相場だが、場所取りはプロに任せた方が無難ということもあって、外資系企業などからの依頼が相次いでいるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る