日本の名所100選の3割が 城の周りに桜の名所が多い理由

公開日: 更新日:

 美しく咲き誇る桜とお城の“マリアージュ”は、日本ならではの絶景だ。堂々たる城の迫力をあでやかな桜が引き出し、桜の美しさを白壁の城が際立たせる。「日本さくらの会」が1990年に選定した「日本さくら名所100選」も、29カ所はお城がある場所だ。

 そこでふと思う。いったいなぜ、城の周りは桜が多いのか。

 城が本来の目的で使われていたころは、もっと殺風景だったという。お堀の土手に木などがあれば、視界をさえぎられて外の様子が見にくくなる。そのため、木を切り倒すことはあっても、植えることはなかったとされる。

 日本一の呼び声が高い弘前城を取り囲む桜も、明治15(1882)年に植えられたのが始まりだ。

「当時の弘前城は荒れ放題の状態だったといわれています。津軽の殿様は大政奉還を江戸で迎え、広大な土地は野ざらし同然となりました。そこで元藩士が城の周りに1000本の桜を植え、整備を始めたのです」(弘前市役所公園緑地課担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  10. 10

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

もっと見る