“入学式=桜”のイメージ 満開でハレの日を実現できる地域

公開日:

 はかま姿の女子大生が目立つ。卒業式が終わると、次は入学式だ。最高峰の“サクラ咲く”の栄冠を手にした新・東大生の入学式は、4月12日。ウェザーニュースによれば、東大にほど近い上野恩賜公園は、3月29日が満開予想で、ハレの日は残念ながら桜が散っているはず。

 フジテレビ系の情報番組「にっぽんのミンイ」が2013年に卒業式と入学式でどちらが桜のイメージが強いか調べたところ、73%が「入学式」と回答した。入学式のイメージは、圧倒的に桜らしい。

 1925年に創刊された学習雑誌の先駆け「小学1年生」も、4月号の表紙は、桜をあしらっている。保護者向け別冊付録「HugKum」では、保護者の入学式スタイルを特集するページの背景がサクラ色で、桜の花びらが舞う。

“入学式=桜”のイメージは、とにかく強い。では、今春の入学式のピークにあたる4月6~9日ごろに満開になるのはどこか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る