• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

布川事件の桜井昌司さん 出所後は家建てようと土木仕事に

 平成は、足利事件(2010年)、布川事件(2011年)など戦後の大事件で有罪とされた人が再審で無罪が確定するなど、「冤罪事件」にスポットが当たった時代となった。彼らの人生と友情を追った映画「獄友」も先月公開された。主役のひとりが布川事件の桜井昌司さん(71)だ。強盗殺人の容疑で逮捕されたが、2011年に再審で無罪が確定した。

 桜井さんは、リュックにICレコーダーを入れている。「警察官に会った時にパッと出せるでしょう」と笑うが、無罪を叫び続けた29年はあまりに長い。

 1967年、強盗殺人の疑いで逮捕(当時20歳)され、無期懲役刑が確定。1996年に仮釈放された時には、49歳になっていた。

「千葉刑務所から高速に乗って浦和に移動したんですが、外に出た瞬間、空気がキラキラしていた。なんて輝いているんだろうって。それも数時間で冷めてしまったけれどね。最初に向かったのは両親の墓。泣きましたよ。会いたかった。再審で無罪になったことも一緒に喜んでほしかった。悔やまれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  7. 7

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  8. 8

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  9. 9

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  10. 10

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

もっと見る