布川事件の桜井昌司さん 出所後は家建てようと土木仕事に

公開日: 更新日:

 平成は、足利事件(2010年)、布川事件(2011年)など戦後の大事件で有罪とされた人が再審で無罪が確定するなど、「冤罪事件」にスポットが当たった時代となった。彼らの人生と友情を追った映画「獄友」も先月公開された。主役のひとりが布川事件の桜井昌司さん(71)だ。強盗殺人の容疑で逮捕されたが、2011年に再審で無罪が確定した。

 桜井さんは、リュックにICレコーダーを入れている。「警察官に会った時にパッと出せるでしょう」と笑うが、無罪を叫び続けた29年はあまりに長い。

 1967年、強盗殺人の疑いで逮捕(当時20歳)され、無期懲役刑が確定。1996年に仮釈放された時には、49歳になっていた。

「千葉刑務所から高速に乗って浦和に移動したんですが、外に出た瞬間、空気がキラキラしていた。なんて輝いているんだろうって。それも数時間で冷めてしまったけれどね。最初に向かったのは両親の墓。泣きましたよ。会いたかった。再審で無罪になったことも一緒に喜んでほしかった。悔やまれます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る