子供のネット依存 「GWのゲーム漬けは危険」と医師が警鐘

公開日:

 日頃は子供と接する時間が少ない父親も、GWは違うだろう。もしこの長期休暇中に「オンラインゲーム、やり過ぎじゃないか」と感じたら、ネット依存を疑った方がいいかもしれない。

「子供のネット依存の恐ろしさは想像以上」

 こう指摘するのは、2011年に日本で初めてネット依存治療を開始した久里浜医療センター・樋口進院長だ。

 Aさん(診療当時20歳)が樋口院長のもとでネット依存と診断された時、極度の低栄養状態で筋力は著しく低下し、体力測定は全て平均値以下。肺年齢は実年齢より20歳上の40歳だった。

「オンラインゲームに没頭し、動くのはトイレに立つ時と夕食調達にコンビニへ行く時だけ。あのまま続けていたら、栄養失調などで命を落としていたかもしれない」

 Aさんは小学生の頃からゲーム機でよく遊んでいた。いじめに遭った中学時代にゲームにハマったが、一時的なものだった。本格的にゲームをやるようになったのは、大学時代だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    織田裕二vs坂上忍に遺恨勃発…共演NGに至るまでの「因縁」

もっと見る