貧困層、母子家庭…なぜネットでは弱者叩きが横行するのか

公開日:

 ツイッターやネット上の掲示板などで、生活保護受給者や貧困層、母子家庭などがバッシングを受けることがある。貧困と自己責任を結びつける考え方は典型だろう。それにしても、なぜそういう考え方のもと、弱者叩きが横行するのか。

 ウェブメディア評論家の落合正和氏は、「まずバッシングの対象は、社会的弱者に偏っているわけではなく、当然政府や権力者へ向ける人のほうが大多数ですが」と前置きした上でこう言う。

「弱者叩きが起こるのは、自分の現状に鬱憤をためている人、世の中に不満を持ちながら生活している人が、それをオープンに表現できる場ができてしまったのが理由でしょう。昔なら、仲間内で愚痴ったり、陰口を言ったりして晴らしていたのが、ネットという場所に移ったのです。叩いている人の9割は、加害者意識がありません」

 叩いているのではなく正論をつぶやいているだけ、独り言を投稿しただけ……。そんなつもりの投稿で、誰か特定の人を攻撃したり、傷つけたりするつもりはないことがほとんどだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る