須田鷹雄さん<1>JR東の役員が競馬好きで拾ってもらった

公開日:

 オークス、ダービーと続くこの時期は、競馬がグンと盛り上がる。ペーパーオーナーゲーム(POG)をやっている人ならなおさらだろう。「POGの達人」を上梓した競馬評論家の須田鷹雄さん(47)は各地のセリに赴き、早くも次世代に向けての仕事が始まっているが、独り立ちする前は、JR東日本のサラリーマンだった。

「今から28年前、大学1年の終わりごろに別冊宝島『競馬ダントツ読本』でライターとしてデビューしました。当時は、オグリキャップが現役で競馬が盛り上がっていたこともあり、ライターの仕事がどんどん増えていったんです。バブルで景気もよくて、就職への意識はほとんどありませんでしたね」

 かつて馬券は、穴場(窓口)で口頭で番号を伝えて購入したが、ウインズ後楽園でマークシートでの購入方法が試験導入されたのが1990年だ。引退が噂されたオグリは、現役を続行。その年の初戦、安田記念をコースレコードで危なげない勝利を飾ってファンを沸かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る