須田鷹雄さん<1>JR東の役員が競馬好きで拾ってもらった

公開日: 更新日:

 オークス、ダービーと続くこの時期は、競馬がグンと盛り上がる。ペーパーオーナーゲーム(POG)をやっている人ならなおさらだろう。「POGの達人」を上梓した競馬評論家の須田鷹雄さん(47)は各地のセリに赴き、早くも次世代に向けての仕事が始まっているが、独り立ちする前は、JR東日本のサラリーマンだった。

「今から28年前、大学1年の終わりごろに別冊宝島『競馬ダントツ読本』でライターとしてデビューしました。当時は、オグリキャップが現役で競馬が盛り上がっていたこともあり、ライターの仕事がどんどん増えていったんです。バブルで景気もよくて、就職への意識はほとんどありませんでしたね」

 かつて馬券は、穴場(窓口)で口頭で番号を伝えて購入したが、ウインズ後楽園でマークシートでの購入方法が試験導入されたのが1990年だ。引退が噂されたオグリは、現役を続行。その年の初戦、安田記念をコースレコードで危なげない勝利を飾ってファンを沸かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  5. 5

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  6. 6

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  7. 7

    二階幹事長「五輪中止」発言の真意 福田元首相秘書が読む

  8. 8

    元WHO専門委員・左門新氏「コロナ対策は95%達成で十分」

  9. 9

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  10. 10

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

もっと見る