須田鷹雄さん<1>JR東の役員が競馬好きで拾ってもらった

公開日: 更新日:

 オークス、ダービーと続くこの時期は、競馬がグンと盛り上がる。ペーパーオーナーゲーム(POG)をやっている人ならなおさらだろう。「POGの達人」を上梓した競馬評論家の須田鷹雄さん(47)は各地のセリに赴き、早くも次世代に向けての仕事が始まっているが、独り立ちする前は、JR東日本のサラリーマンだった。

「今から28年前、大学1年の終わりごろに別冊宝島『競馬ダントツ読本』でライターとしてデビューしました。当時は、オグリキャップが現役で競馬が盛り上がっていたこともあり、ライターの仕事がどんどん増えていったんです。バブルで景気もよくて、就職への意識はほとんどありませんでしたね」

 かつて馬券は、穴場(窓口)で口頭で番号を伝えて購入したが、ウインズ後楽園でマークシートでの購入方法が試験導入されたのが1990年だ。引退が噂されたオグリは、現役を続行。その年の初戦、安田記念をコースレコードで危なげない勝利を飾ってファンを沸かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  2. 2

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  3. 3

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  4. 4

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  8. 8

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  9. 9

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る