愛した女性4000人 “紀州のドン・ファン”野崎幸助氏が急逝

公開日:  更新日:

 日刊ゲンダイで「4000人に30億円! 紀州のドン・ファンが抱いた女たち」を連載中の「紀州のドンファン」こと野崎幸助氏が24日夜、和歌山県田辺市の自宅で亡くなった。77歳だった。

 1941年、田辺市に生まれ、地元の中学を卒業後に貸金業や酒類販売業などを手掛け、一代で財を成した。

 死亡した当日も朝から会社で仕事をこなしていたが、夕方に帰宅した後、夜10時すぎに自宅2階の寝室でソファに座った状態で息絶えていた。この2月に結婚した妻が発見し、住み込みのお手伝いの女性もすぐに駆けつけたものの、蘇生はかなわなかった。

 遺体は司法解剖に回されたが、死因は明らかになっていない。警察は関係者から事情を聴いている。

 先月、「紀州のドン・ファン 野望篇」(講談社+α文庫)を出版したばかり。本紙の連載も非常に楽しんでおり、しばらくは頂いている原稿を掲載していく予定。通夜は29日、葬儀は30日に、田辺市内の斎場で行われる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る