• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

楽天は「77」永久欠番に 故・星野氏巡る中日との“温度差”

 楽天は26日、今年1月に70歳で死去した楽天の星野仙一球団副会長が監督時代につけていた背番号「77」を永久欠番にすると発表した。

 楽天は19日に都内で行われた「星野仙一氏 お別れの会」も主催。発起人となった三木谷オーナーが号泣しながら弔辞を捧げた。同じく星野氏が監督を務めた阪神も坂井オーナーを発起人とし、28日に大阪市内で「お別れの会」を開く。

「それに比べると」と、さる球界関係者が続ける。

「温度差を感じるのが中日です。阪神、楽天を優勝させたとはいえ、監督を務めたのはそれぞれ2年と4年。中日では計11年も監督を務めた。現役時代を含めれば25年も在籍しながら、2月に名古屋で開かれた『お別れの会』は星野さんの個人的な後援会の主催だった。テスト入団でチームに加わった松坂大輔は雑誌のインタビューで、球団からは当初、背番号『20』を提示されたと明かしていた。『20』といえば、星野さんが背負った中日のエース番号。改めて、星野さんと中日の関係はここまで希薄になったのかとは思う」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る