今しか見られない5大色街遺産 濃密な空気漂う遊郭跡を歩く

公開日: 更新日:

「あと10年もすれば覚えている人もいなくなるでしょう。1958(昭和33)年の売春防止法の施行を転機に横浜の黄金町や大阪の飛田新地などを除けば、色街の姿をリアルに見られる場所は減ってきています。この歴史が消えてしまう前に歩ける範囲で記憶に残る話を聞いたり、景色を撮っていきたい」

 今週の執事は、2000年から“色街”を見てきた。昨年、「色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町」(実業之日本社)を上梓。“性のはけ口”として公的な記録に残らないからこそ、文字や写真を残す面白さもある。今、カメラに収めたい5大色街遺産を聞いてみよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る