今しか見られない5大色街遺産 濃密な空気漂う遊郭跡を歩く

公開日: 更新日:

「あと10年もすれば覚えている人もいなくなるでしょう。1958(昭和33)年の売春防止法の施行を転機に横浜の黄金町や大阪の飛田新地などを除けば、色街の姿をリアルに見られる場所は減ってきています。この歴史が消えてしまう前に歩ける範囲で記憶に残る話を聞いたり、景色を撮っていきたい」

 今週の執事は、2000年から“色街”を見てきた。昨年、「色街遺産を歩く 消えた遊廓・赤線・青線・基地の町」(実業之日本社)を上梓。“性のはけ口”として公的な記録に残らないからこそ、文字や写真を残す面白さもある。今、カメラに収めたい5大色街遺産を聞いてみよう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  3. 3

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  4. 4

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  5. 5

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  6. 6

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  7. 7

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  8. 8

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る