• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今年で35周年 “ディズニー芸人”が教える待たずに遊ぶ方法

ツートンカラー・上田昌幸さん

 今年35周年を迎えた東京ディズニーリゾート。そこに通算3000回足を運んだ上田昌幸さん(34)は、“ディズニー大好き芸人”として、テレビ番組や雑誌で活躍する一方で、家族で出かける芸能人に頼まれてパーク内を案内することも。今回は、そんなディズニーリゾートを知り尽くした執事に、ツウの過ごし方を披露してもらおう。

 千葉県出身の上田さんは、小学校4年生のときに学校の行事で初めてディズニーランドを訪れた。

「パーク内を4人1組で回ったんですが、僕だけはぐれてしまって、泣いていたんです。そこへミッキーの愛犬プルートがやってきて僕の手を取って地面のにおいを嗅ぎながら、みんなのところまで連れて行ってくれたんですよ。それからですね、ハマったのは。大人の目線で考えれば、僕らはみんな体育の授業で使う赤白帽をかぶっていたので、仲間を見つけやすかったと思います。でも、プルートは右往左往して、僕を元気づけながら連れて行ってくれた。おかげで今も一番好きなのはプルートです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る