• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

年間200食 「肉バカ。」著者が推薦する最高峰の牛肉料理

保険会社社員・小池克臣さん

 和牛を年間200食以上、重量にして100キロは食べているという小池さん。特に気になった和牛については、ブランドや銘柄、生産者、飼育期間、出生地、血統、去勢か雌かなどをエクセルでデータベース化している。

 その蓄積は10年に及び、「肉バカ。」(集英社)という本まで出版した。今週は、和牛を知り尽くした執事が、「全国最高峰の牛肉料理ベスト5」を選ぶ。お金を貯めて食べに行こう!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  7. 7

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  8. 8

    「ボラ申し込まなければいい」発言 IOCコーツの正体とカネ

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

もっと見る