田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

山口瞳さんの国立市の自宅は大橋巨泉ら将棋好きが集った

公開日: 更新日:

 当日は、山口の将棋仲間たちが集まって将棋会が開かれていた。タレントの大橋巨泉、脚本家の安倍徹郎、競馬評論家の赤木駿介ら、いずれもメディアで活躍していた顔ぶれだった。

 山口は、カヤ盤、ツゲ駒、クワ駒台と高級な道具を用意し、プロ公式戦さながらの設定にした。まさに「江分利満氏の優雅な将棋会」という雰囲気だった。

 私は、巨泉と飛車落ちの手合いで指した。米長八段に個人指導を受けている巨泉の将棋は本格的で、緩めたわけではないが見事に負かされた。

 夕食では治子夫人の心づくしの手料理に舌鼓を打った。お酒がほどよく回ると、山口と巨泉らは「将棋連盟の運営がまずい」「将棋界はジャーナリズムが発展していない」「若手を伸ばさなければいけない」「奨励会の制度に問題がある」などと、辛口の議論を交わしたものだ。

 写真(撮影・田丸)は74年12月の将棋会の光景。右から、山口、巨泉。右奥は、森ケイ二七段、左端は、真部一男四段。(=文中敬称略)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

    公明党ブチ切れた! 夏の参院選で「自民党とは選挙協力しない」のナゼ

  2. 2
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  3. 3
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  4. 4
    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

    東京都のコロナ濃厚接触者「1月末に33万人隔離」の衝撃試算! 社会活動ストップに現実味

  5. 5
    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

    沖縄アクターズスクール校長・マキノ正幸が語る半生 そして安室奈美恵との衝撃の出会い

もっと見る

  1. 6
    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

    日本各地にも深夜に津波が…トンガ大規模火山噴火がもたらす「2022年は冷夏」の不安

  2. 7
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  3. 8
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  4. 9
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  5. 10
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる