スピード出世の藤井聡太六段 「五段グッズ」のプレミア度

公開日:  更新日:

 中学生棋士の藤井聡太六段(15)の大躍進にまたもフィーバーが巻き起こっている。朝日杯将棋オープン戦で初優勝し、15歳6カ月の史上最年少V。五段昇段からわずか16日で六段に昇段した。

 それで話題になっているのが、「藤井五段グッズ」のプレミア度だ。「お宝中のお宝になるかも!」とネットなどで大騒ぎになっている。

 日本将棋連盟が本部を置く都内の将棋会館では、扇子やクリアファイルをはじめとする公式グッズを販売している。一時は売り切れ続出だったが、現在はアイテムも充実。ところが「四段グッズ」はあれど、「五段グッズ」は見当たらない。

「五段グッズに関しては作る予定がなかったので、グッズそのものがありません。六段グッズについては検討中です」(将棋連盟販売課)

 ということは、藤井五段の公式グッズはゼロ。五段時代を刻むのは、どうやら直筆サインくらいのようだ。朝日杯を主催した朝日新聞などが「藤井聡太五段」など4強のサイン入り色紙の抽選プレゼント企画を展開している。激戦は必至だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る