田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

異端視された「英ちゃん流中飛車」の山口英夫八段が逝く

公開日: 更新日:

 5月20日に山口英夫八段が76歳で死去した。

 写真(昭和46年版「将棋年鑑」から)は、1970(昭和45)年に第1期新人王戦で優勝したときの山口(当時28)の対局姿。俳優の高倉健を彷彿とさせる男前の容貌である。現代のように女性の将棋ファンが多かったら、さぞもてたことだろう。

 新聞の訃報記事に山口は「英ちゃん流中飛車」の創始者として紹介されている。

■当初は異端視された

 山口は、先手5六歩と突かずに先手5八飛と振る中飛車を得意にしていた(後手番なら後手5四歩と突かずに後手5二飛)。

 5筋の歩を突かない理由は、その一手を玉の守りに充てる、激しい戦いになったときに5七の地点に隙をつくらない、先手6七銀から先手5六銀と進める狙いなどがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る