田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

異端視された「英ちゃん流中飛車」の山口英夫八段が逝く

公開日: 更新日:

 5月20日に山口英夫八段が76歳で死去した。

 写真(昭和46年版「将棋年鑑」から)は、1970(昭和45)年に第1期新人王戦で優勝したときの山口(当時28)の対局姿。俳優の高倉健を彷彿とさせる男前の容貌である。現代のように女性の将棋ファンが多かったら、さぞもてたことだろう。

 新聞の訃報記事に山口は「英ちゃん流中飛車」の創始者として紹介されている。

■当初は異端視された

 山口は、先手5六歩と突かずに先手5八飛と振る中飛車を得意にしていた(後手番なら後手5四歩と突かずに後手5二飛)。

 5筋の歩を突かない理由は、その一手を玉の守りに充てる、激しい戦いになったときに5七の地点に隙をつくらない、先手6七銀から先手5六銀と進める狙いなどがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る