田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

異端視された「英ちゃん流中飛車」の山口英夫八段が逝く

公開日:

 5月20日に山口英夫八段が76歳で死去した。

 写真(昭和46年版「将棋年鑑」から)は、1970(昭和45)年に第1期新人王戦で優勝したときの山口(当時28)の対局姿。俳優の高倉健を彷彿とさせる男前の容貌である。現代のように女性の将棋ファンが多かったら、さぞもてたことだろう。

 新聞の訃報記事に山口は「英ちゃん流中飛車」の創始者として紹介されている。

■当初は異端視された

 山口は、先手5六歩と突かずに先手5八飛と振る中飛車を得意にしていた(後手番なら後手5四歩と突かずに後手5二飛)。

 5筋の歩を突かない理由は、その一手を玉の守りに充てる、激しい戦いになったときに5七の地点に隙をつくらない、先手6七銀から先手5六銀と進める狙いなどがあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る