• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

角落ちで私と互角に戦った作家・山口瞳の将棋の実力

 作家の山口瞳は、将棋と棋士をこよなく愛した。一般誌の随筆や対談で、何かにつけて将棋の楽しさと棋士の魅力を熱く語った。将棋連盟の「宣伝部長」と自ら名乗ったものだ。実際に70年代半ばごろ、そうした好影響で将棋が静かなブームになっていた。

 山口の将棋は、定跡をきっちりと習った本格派だった。序盤は有段者、中盤は1級、終盤は6級と謙遜したが、相撲の「はず押し」のようにじっくり攻める指し方は、棋士との駒落ち戦で実力を発揮した。私こと田丸は四段時代、山口と角落ちの手合いで指して、いい勝負だった。

 そんな山口の将棋について、「どうせ旦那芸さ」と冷ややかに言う人もいた。しかし山口は、町道場で指される我流の将棋とは一線を画した。そして将棋は「男の芸事」だと提唱した。

 写真(撮影・田丸)は、1974(昭和49)年6月に、ある将棋雑誌で企画された記念対局。右は、山口(当時48)。左はアマ時代の関根紀代子(同33・現女流六段)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る