田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

角落ちで私と互角に戦った作家・山口瞳の将棋の実力

公開日:

 作家の山口瞳は、将棋と棋士をこよなく愛した。一般誌の随筆や対談で、何かにつけて将棋の楽しさと棋士の魅力を熱く語った。将棋連盟の「宣伝部長」と自ら名乗ったものだ。実際に70年代半ばごろ、そうした好影響で将棋が静かなブームになっていた。

 山口の将棋は、定跡をきっちりと習った本格派だった。序盤は有段者、中盤は1級、終盤は6級と謙遜したが、相撲の「はず押し」のようにじっくり攻める指し方は、棋士との駒落ち戦で実力を発揮した。私こと田丸は四段時代、山口と角落ちの手合いで指して、いい勝負だった。

 そんな山口の将棋について、「どうせ旦那芸さ」と冷ややかに言う人もいた。しかし山口は、町道場で指される我流の将棋とは一線を画した。そして将棋は「男の芸事」だと提唱した。

 写真(撮影・田丸)は、1974(昭和49)年6月に、ある将棋雑誌で企画された記念対局。右は、山口(当時48)。左はアマ時代の関根紀代子(同33・現女流六段)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る