運転手の本音は…カード手数料に透けるタクシー業界の内情

公開日:

 支払いはクレジットカードで済ませて、ポイントをゲット――。ポイントゲッターにとっての鬼門のひとつが、個人タクシーだろう。カードが普及した今なお、カードが使えない個タクは珍しくない。なぜか。東京23区と武蔵野・三鷹エリアで営業する51歳の男性ドライバーが匿名を条件に業界の内情を教えてくれた。

「タクシー会社に所属する法人タクシーは、運賃をドライバーと会社で折半しますが、個人ならすべてドライバーの取り分です。そこに着目すると、個人は稼ぎやすいと思うかもしれませんが、そうでもない。カード利用については、組合に支払う手数料や端末代などの負担が重いのです」

 個人タクシーのドライバーは、任意で組合に加盟する。毎月4万~5万円を支払って組合に加盟すると、確定申告や事故処理などは組合がカバーしてくれる。加入すれば無線での配車も受けられる。そんなサービスから、加盟する人がほとんどだというが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る