運転手の本音は…カード手数料に透けるタクシー業界の内情

公開日:

 支払いはクレジットカードで済ませて、ポイントをゲット――。ポイントゲッターにとっての鬼門のひとつが、個人タクシーだろう。カードが普及した今なお、カードが使えない個タクは珍しくない。なぜか。東京23区と武蔵野・三鷹エリアで営業する51歳の男性ドライバーが匿名を条件に業界の内情を教えてくれた。

「タクシー会社に所属する法人タクシーは、運賃をドライバーと会社で折半しますが、個人ならすべてドライバーの取り分です。そこに着目すると、個人は稼ぎやすいと思うかもしれませんが、そうでもない。カード利用については、組合に支払う手数料や端末代などの負担が重いのです」

 個人タクシーのドライバーは、任意で組合に加盟する。毎月4万~5万円を支払って組合に加盟すると、確定申告や事故処理などは組合がカバーしてくれる。加入すれば無線での配車も受けられる。そんなサービスから、加盟する人がほとんどだというが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る