8000人中3割が異性にアプローチ 低気圧だと人恋しくなる?

公開日: 更新日:

 気分が晴れない梅雨はカップルが成立しやすい!?

 恋愛・結婚マッチングサービス「Omiai」がユーザーの男女8000人近くを対象に行った調査によると、同じ日曜日でも、晴れより雨の日の方が、積極的に異性にアプローチする傾向が見られたという。3割以上が「雨の日は人恋しい気分になりやすい」と答えていて、その対処法として「趣味に没頭」に次ぎ、「恋人をつくる・探し始める」が多かった。明大講師の関修氏(心理学)はこう言う。

「人間は気圧によって気分が変調します。梅雨の時季は低気圧で、気持ちは内向的になります。陰鬱になって意識が自分に向くのです。それで寂しさだったり、自らが置かれたつらい状況を思い返す機会が増える。一方、晴れの日は、心身共に活動的になりますから意識は外に向く。どちらかと言えば仕事だったり、世の中で起きていることに関心を持ったりする傾向にあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る