静かなブームの「寺婚活」に女性記者が“潜入”してみた

公開日: 更新日:

 散歩、料理、ネコカフェ。体験型婚活は数あるが、いま特に注目を集めているのが「寺婚活」だ。お堂の中で座禅や写経などを体験しながら交流を深めるもので、参加希望者が増えているという。

 そこで、お寺で婚活をする意味について「吉縁会」スタッフの僧侶・太田宗慶さんに話を伺った。吉縁会とは、ご縁を結ぶことを目的に臨済宗妙心寺派の寺の僧侶たちが中心となって運営する組織。発足の地である静岡の他、東京、仙台、名古屋、大分で展開している最も人気が高い寺婚活だ。各地域で年に4~5回開催され、多い時には定員に対して20倍以上の応募が集まり、抽選になることもあるという。

「お寺というと葬儀や法事で来る場所だと思っている方が多いのですが、かつては行事をしたり勉強したりする交流の場でした。独身者が増えているいま、我々ができることは何かと考えて始めたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  5. 5

    夜の街から芸能人が消えた…マスコミ「自粛警察化」の功罪

  6. 6

    Go To Travel“外国人も半額”デマ拡散…大慌て火消しの顛末

  7. 7

    フジ謝罪せず “テラハ事件”背景とトレンディー常務の責任

  8. 8

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  9. 9

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  10. 10

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

もっと見る