• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

静かなブームの「寺婚活」に女性記者が“潜入”してみた

 散歩、料理、ネコカフェ。体験型婚活は数あるが、いま特に注目を集めているのが「寺婚活」だ。お堂の中で座禅や写経などを体験しながら交流を深めるもので、参加希望者が増えているという。

 そこで、お寺で婚活をする意味について「吉縁会」スタッフの僧侶・太田宗慶さんに話を伺った。吉縁会とは、ご縁を結ぶことを目的に臨済宗妙心寺派の寺の僧侶たちが中心となって運営する組織。発足の地である静岡の他、東京、仙台、名古屋、大分で展開している最も人気が高い寺婚活だ。各地域で年に4~5回開催され、多い時には定員に対して20倍以上の応募が集まり、抽選になることもあるという。

「お寺というと葬儀や法事で来る場所だと思っている方が多いのですが、かつては行事をしたり勉強したりする交流の場でした。独身者が増えているいま、我々ができることは何かと考えて始めたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  7. 7

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る