臨床心理士が恋愛テクを指南 好意を確かめるには足を見る

公開日: 更新日:

 新年度が始まった。新入社員がやってきたり、人事異動や担当替えがあったり、新しい恋が待っているかもしれない。だが過度の思い込みには、ご用心。昨年12月には福井県あわら市長が、市長室で既婚女性にキス。「好意があると思っていた」と弁解したが、相手側は「一方的だった」といい、多額の示談金を求められた事件が発覚した。

 気になる女性に好印象を植え付けつつ、「そんなつもりじゃなかった」という事態を避けるため、心理学はどんな知恵を我々に授けてくれるのだろうか。「恋愛セオリー」(かんき出版)を最近上梓した、臨床心理士の岡村美奈氏(顔写真)に話を聞いた。

 初めて会った時の第一印象がその後の印象に影響を及ぼすことを、心理学の分野では「初頭効果」と呼ぶ。この効果を最大限に生かすため、「まずは見た目が大事」と岡村氏は話す。はやりでなくてもいいから、体形に合った服を、清潔感があるように着こなすべきだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る