• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

臨床心理士が恋愛テクを指南 好意を確かめるには足を見る

 新年度が始まった。新入社員がやってきたり、人事異動や担当替えがあったり、新しい恋が待っているかもしれない。だが過度の思い込みには、ご用心。昨年12月には福井県あわら市長が、市長室で既婚女性にキス。「好意があると思っていた」と弁解したが、相手側は「一方的だった」といい、多額の示談金を求められた事件が発覚した。

 気になる女性に好印象を植え付けつつ、「そんなつもりじゃなかった」という事態を避けるため、心理学はどんな知恵を我々に授けてくれるのだろうか。「恋愛セオリー」(かんき出版)を最近上梓した、臨床心理士の岡村美奈氏(顔写真)に話を聞いた。

 初めて会った時の第一印象がその後の印象に影響を及ぼすことを、心理学の分野では「初頭効果」と呼ぶ。この効果を最大限に生かすため、「まずは見た目が大事」と岡村氏は話す。はやりでなくてもいいから、体形に合った服を、清潔感があるように着こなすべきだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  5. 5

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  9. 9

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  10. 10

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

もっと見る