臨床心理士が恋愛テクを指南 好意を確かめるには足を見る

公開日:

 新年度が始まった。新入社員がやってきたり、人事異動や担当替えがあったり、新しい恋が待っているかもしれない。だが過度の思い込みには、ご用心。昨年12月には福井県あわら市長が、市長室で既婚女性にキス。「好意があると思っていた」と弁解したが、相手側は「一方的だった」といい、多額の示談金を求められた事件が発覚した。

 気になる女性に好印象を植え付けつつ、「そんなつもりじゃなかった」という事態を避けるため、心理学はどんな知恵を我々に授けてくれるのだろうか。「恋愛セオリー」(かんき出版)を最近上梓した、臨床心理士の岡村美奈氏(顔写真)に話を聞いた。

 初めて会った時の第一印象がその後の印象に影響を及ぼすことを、心理学の分野では「初頭効果」と呼ぶ。この効果を最大限に生かすため、「まずは見た目が大事」と岡村氏は話す。はやりでなくてもいいから、体形に合った服を、清潔感があるように着こなすべきだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る