8年間で来場者が倍増「地獄谷野猿公苑」の魅力と希少性

公開日: 更新日:

 長野県の山ノ内町、志賀高原の麓にある地獄谷野猿公苑は1964年の開苑。昔から自然に近い状態のニホンザルが観察できるスポットとして知る人ぞ知る場所であった。

 近年、この野猿公苑に外国人観光客が押し寄せている。来訪した秋の平日は半分以上が欧米人。まるで外国の観光地にいるようだ。

「年間でいえば約4割が外国人のお客さまですね」(地獄谷野猿公苑の営業主任・滝沢厚さん)

 何が外国人客たちを引きつけているのか?

「まず、猿自体が外国人にとって珍しいのです。ニホンザルは『北限の猿』ともいわれ、日本より北にあるヨーロッパには猿は生息していません。また北米やオセアニアにも猿はいません」(滝沢さん)

 日本では山の方に行けば比較的遭遇しやすい猿も、彼ら外国人にとっては極めて珍しい新鮮な魅力に満ちた存在だったのだ。これは逆に日本人にとっては盲点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る