8年間で来場者が倍増「地獄谷野猿公苑」の魅力と希少性

公開日:

 長野県の山ノ内町、志賀高原の麓にある地獄谷野猿公苑は1964年の開苑。昔から自然に近い状態のニホンザルが観察できるスポットとして知る人ぞ知る場所であった。

 近年、この野猿公苑に外国人観光客が押し寄せている。来訪した秋の平日は半分以上が欧米人。まるで外国の観光地にいるようだ。

「年間でいえば約4割が外国人のお客さまですね」(地獄谷野猿公苑の営業主任・滝沢厚さん)

 何が外国人客たちを引きつけているのか?

「まず、猿自体が外国人にとって珍しいのです。ニホンザルは『北限の猿』ともいわれ、日本より北にあるヨーロッパには猿は生息していません。また北米やオセアニアにも猿はいません」(滝沢さん)

 日本では山の方に行けば比較的遭遇しやすい猿も、彼ら外国人にとっては極めて珍しい新鮮な魅力に満ちた存在だったのだ。これは逆に日本人にとっては盲点だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る