本当に築地で最後? 初競りで大間クロマグロに7420万円

公開日: 更新日:

 5日午前、東京・築地市場で初競りが行われ、青森県大間港に水揚げされたクロマグロ(212キロ)が史上2番目の高値となる7420万円(1キロ当たり35万円)で競り落とされた。競り落としたのは「すしざんまい」を運営する「喜代村」(木村清社長)で、6年連続。

 毎年注目されるクロマグロの初競りでは、2013年に喜代村と香港系企業が競り合って1億5540万円の最高値が付いた。香港系企業が撤退した14年は736万円、15年は451万円と低迷が続いたが、16年は1400万円と反騰。今年は「国内のライバルの複数の寿司チェーンが参戦した」(事情通)ため、5倍以上に跳ね上がった。

 ライバルに競り勝った木村社長は「形も脂乗りも最高のクロマグロを競り落とせた。早く皆さんに食べてもらいたい」と語った。

 さて、来年の初競りが行われるのは築地か豊洲か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る