激変する「回転寿司」 優良店は4つのチェックで見分ける

公開日:  更新日:

 回転寿司が進化中だ。出店はファミリー向けの郊外型から都心の大型商業施設内へ。注文は口頭でなくタブレットで、商品はお寿司を載せた台車がレーンを滑り、宅配便のごとく注文した客の目の前でピタリと止まる――。最新店は連日の大行列で、もはや回転寿司は1皿100円のそれのみではないのだ。デートや接待にも使えそうな高級店もお目見えして、店選び自体が楽しそう。

 業界の最前線について、回転寿司評論家の米川伸生氏がこう言う。

「確かに、業界は激変のさなかにあります。とりわけ、都心の大型商業施設に進出してきた店はユニーク。今までの“1皿100円”のイメージとはまるで違います。たとえば、渋谷のヒカリエにある『恵み』は驚くほどアルコール類にこだわり、本格的な料理が楽しめる。また、東京・丸の内のKITTEの『花まる』さんは北海道直送のネタがウリで大人気の行列店。オープンの11時に到着して行列ができてますからスゴイ。ほかにも、個室のコースメニューがある店や夜景が見えるディナーシートがある店など、各店舗がお客に回転寿司の“新しい使い方”を次々に提案しています。それでいて、味もコスパも悪くない。いまこそ、最新店をのぞいてみる価値アリ、だと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る