印象操作? 「ウナギ2.7トン廃棄」に踊らされてはいけない

公開日:

 もったいない話と思うだろう。2.7トンものウナギが廃棄されているという。これから夏の土用にかけて、ウナギが最も売れる時季だけに見逃せないデータだ。調査したのは、環境保護団体グリーンピースジャパンで、イオンやイトーヨーカ堂、ダイエーなど小売り大手18社にニホンウナギを廃棄したかについてアンケート。16社が回答し、そのうち5社が廃棄した量を答え、その合計は2.73トンに上ったという。

 ウナギといえば夏の風物詩で、絶滅危惧種に指定されている。今回の調査結果を受けて、ネット上には「けしからん」といったコメントが相次いでいるが、果たしてそうか。水産ジャーナリストの西潟正人氏が言う。

「廃棄した量を足し算するとものすごい量に思えますが、ウナギはもちろん、水産物はほとんど廃棄しません。流通業者は薄利多売ですから、廃棄する量が多いと、経営に響く。環境保護団体の発表だけに、調査結果は印象操作に思えます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る