【寿司屋のトマト】マヨネーズソースとワサビで箸止まらず

公開日:

 刺し身などの後に出す口直しの冷やしトマトだが、特製のソースとワサビをたっぷりつけて食べる。ちょっと珍しい組み合わせなのに、どういうわけだか妙に相性が良く、箸が止まらなくなる。いろどりもキレイで、口の中だけではなく、酔いまでリセットされ、さらに食欲が出てくるから不思議。酒は何でも合うのだが、特に冷酒と一緒にいただきたい。

 トマトは熱い湯をかけて皮をむいてから、ラップをして冷蔵庫で冷やしておく。特製ソースは“企業秘密”というので、残念ながら詳細は教えてもらえなかったが、家庭ではマヨネーズにカラシかマスタードをお好みの辛さで混ぜたものを代用できる。ワサビは、おろしワサビを使えばいい。

 それにしてもこの店はツマミが豊富だ。大将は「これ食べてみて」と、次から次へと勧めてくれる。なぜ寿司屋なのに、このスタイルになったのか。

「せっかく県外からたくさんのお客さんがみえますから、福井の土産話として楽しんでもらいたいんです。それが僕ら職人の本懐だと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  3. 3

    進退かかる稀勢の里…初場所で引退発表の“デッドライン”

  4. 4

    3700km横断!脳腫瘍の少年に愛犬届けたトラック野郎に喝采

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    月船さららさん 宝塚1年目の罰ゲームでドンペリを一気飲み

  7. 7

    進退問題への発展必至 JOC竹田会長の“後任”に浮上する面々

  8. 8

    熊のぬいぐるみから 娘のXマスプレゼントに母が涙したワケ

  9. 9

    一世風靡セピアで活躍の春海四方さんが名脇役になるまで

  10. 10

    脚が悪い犬を手術…獣医が「ネズミの着ぐるみ姿」なワケ

もっと見る