【ワサビたっぷり白身の刺し身~塩とレモンで】職人技の味

公開日:

「何もつけないで、ワサビをたっぷりのせて食べてみて」

 言われるがまま、白身の刺し身にワサビをのせて口に運ぶ。この日の刺し身はアラだ。新鮮で歯ごたえがあり、レモンの酸味をまとった身は噛むと弾力があって口の中でコリコリとする。わさびの香りと清冽(せいれつ)な辛味、絶妙な塩加減が、身の甘味を際立たせている感じだ。

「白身の魚なら何でもいいよ。平目、イシダイ、スズキとかね。塩はアジシオでもいいけど、大事なのは加減。瓶を逆さにして真上からふりかけると、かけ過ぎになる。斜め30度に持って瓶底を軽く叩きながら、身にふってください。レモンはほんの少しだけ手で搾ってふりかけるといい」

 大将のワサビは、おろしたあとに、ひと工夫が施されている。

「包丁のミネで叩いて、おろしワサビに空気を入れるんですよ。それを5分くらい置くとほどよい辛味になる。ご家庭のチューブのワサビも、このひと手間でおいしくなりますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る