• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【鯛めし】コツさえつかめば極上の締めが家庭でも楽しめる

 酒飲みはなぜ、締めにラーメンを食べたくなるのだろう? 肝臓の栄養源は炭水化物だからだと聞く。飲んで疲れた肝臓が炭水化物というエネルギー源を求めるわけだ。となると、締めはラーメンでなくてもいい。お茶漬けでもおにぎりでも。それが鯛めしだったら、いや応なくテンションが上がる。締めが楽しみになってくる。

 とはいえ、家で鯛めしは無理と思っていたら、そうでもなさそうだ。

 土鍋があればうまく炊ける。中がうまく対流するから炊きムラがなく、炊き上がる。

 あとは火加減。強火で行く。そうすれば、コメが水分を吸いすぎてベチャベチャになることはない。蒸気口からシューッと蒸気が噴き出したら、弱火にする。

「具材は鯛でなくてもいいですよ。金目鯛の一夜干しや、アサリもうまい。山菜、モロコシなど好みのものを入れれば、大体おいしくできますよ」と田村光祥さん。小骨が気にならなければ鮎もおすすめ。苦味がまたたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る