• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【鯛めし】コツさえつかめば極上の締めが家庭でも楽しめる

 酒飲みはなぜ、締めにラーメンを食べたくなるのだろう? 肝臓の栄養源は炭水化物だからだと聞く。飲んで疲れた肝臓が炭水化物というエネルギー源を求めるわけだ。となると、締めはラーメンでなくてもいい。お茶漬けでもおにぎりでも。それが鯛めしだったら、いや応なくテンションが上がる。締めが楽しみになってくる。

 とはいえ、家で鯛めしは無理と思っていたら、そうでもなさそうだ。

 土鍋があればうまく炊ける。中がうまく対流するから炊きムラがなく、炊き上がる。

 あとは火加減。強火で行く。そうすれば、コメが水分を吸いすぎてベチャベチャになることはない。蒸気口からシューッと蒸気が噴き出したら、弱火にする。

「具材は鯛でなくてもいいですよ。金目鯛の一夜干しや、アサリもうまい。山菜、モロコシなど好みのものを入れれば、大体おいしくできますよ」と田村光祥さん。小骨が気にならなければ鮎もおすすめ。苦味がまたたまらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  6. 6

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  7. 7

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  10. 10

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

もっと見る