橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

花火と着物の着付けと時の流れと…着付けできない母親たち

公開日: 更新日:

 清少納言の言葉に、「ただ過ぎに過ぐるもの 帆かけたる舟 人の齢 春、夏、秋、冬」がある。ひたすら過ぎ去って行くものを表している。今年も7月半ばを過ぎた。近頃の僕は、感動が薄らいでいる気がする。サッカーのワールドカップに、「わぁスゲー」とか、「わぁ感激」と大騒ぎしている人を見ると逆に冷めてしまう。

 何事にも感動するのは大事なことだが、この年になると、新しいものを見聞きしても、「まぁ、こんなものだろう」と結果が先に見えてしまう。

 放送局に勤める女性から、隅田川の花火大会に誘われた。「2万発も打ち上げるのですよ」と目を輝かせた。僕は長岡の花火大会や、北海道の洞爺湖船上花火大会にも行ったことがある。花火はどこも同じだ。せっかくの誘いだが断るつもりだ。

 でも、別の意味で花火大会は嫌いじゃない。僕は着物着付け師でもあるのだが、花火見物に集まる女の子たちの浴衣が正しく着られているかどうかをチェックするのは楽しい。着物は体形の補正をしないと格好が悪い。体の凸凹が少ないほどキレイに見える。タオルなどで腰のくびれを補正して寸胴体形にすると着崩れしないのだ。今は着付けをするヒマがないが、以前はNHKで「十二単」や「振り袖」の解説と浴衣の着付け指導をしたこともある。自慢じゃないが、僕の着付けは走ろうが踊ろうが着崩れしない。男に浴衣を脱がされそうになっても簡単には脱げないようにしてある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  7. 7

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  8. 8

    宇垣美里の加入で オスカー“バラエティー班”4人娘勢い加速

  9. 9

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  10. 10

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る