橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

花火と着物の着付けと時の流れと…着付けできない母親たち

公開日: 更新日:

 清少納言の言葉に、「ただ過ぎに過ぐるもの 帆かけたる舟 人の齢 春、夏、秋、冬」がある。ひたすら過ぎ去って行くものを表している。今年も7月半ばを過ぎた。近頃の僕は、感動が薄らいでいる気がする。サッカーのワールドカップに、「わぁスゲー」とか、「わぁ感激」と大騒ぎしている人を見ると逆に冷めてしまう。

 何事にも感動するのは大事なことだが、この年になると、新しいものを見聞きしても、「まぁ、こんなものだろう」と結果が先に見えてしまう。

 放送局に勤める女性から、隅田川の花火大会に誘われた。「2万発も打ち上げるのですよ」と目を輝かせた。僕は長岡の花火大会や、北海道の洞爺湖船上花火大会にも行ったことがある。花火はどこも同じだ。せっかくの誘いだが断るつもりだ。

 でも、別の意味で花火大会は嫌いじゃない。僕は着物着付け師でもあるのだが、花火見物に集まる女の子たちの浴衣が正しく着られているかどうかをチェックするのは楽しい。着物は体形の補正をしないと格好が悪い。体の凸凹が少ないほどキレイに見える。タオルなどで腰のくびれを補正して寸胴体形にすると着崩れしないのだ。今は着付けをするヒマがないが、以前はNHKで「十二単」や「振り袖」の解説と浴衣の着付け指導をしたこともある。自慢じゃないが、僕の着付けは走ろうが踊ろうが着崩れしない。男に浴衣を脱がされそうになっても簡単には脱げないようにしてある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る