橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

「美女のおしっこを飲んで健康になる」は本当なのか

公開日: 更新日:

 57年前に85歳の生涯を閉じた心理学者、ユングが言った言葉に「老賢人」がある。人生の悟りを開いた人間のことだ。

 長く生きていれば知識も知恵も深くなるはずなのだが、僕はそうはいかない。20年前、老賢人と思うような人物と出会ったことがある。当時80歳のその人は、とにかく知識が豊富で、何を質問しても答えてくれた。打てば響くというのはこういうことかと思ったものだ。

 ある日、健康法を尋ねると、「一日一回、自分のおしっこを飲みなさい」と言う。意外な答えに驚いたが、彼は毎日、朝一番の自分の尿をコップ1杯飲んでいるというのだ。民間療法の「尿療法」というものらしい。しかし、いくら賢人の勧めでも僕は飲めないと断ったが、彼は98歳まで元気に過ごしていたのだから、その効果はあったのかもしれない。

 尿の主成分の「尿素」には、抗菌性や抗ウイルスに効果があるといわれている。化粧品の保湿クリームも尿素は利用されている。だからといってナマおしっこを皮膚に塗る気にはならないし、ましてや飲むなんてとてもできない。この話を友人に話したところ、「俺は美人のおしっこなら飲むよ」と真顔で言う。「ヘンタイか、あんたは」と言ってやったが、「だって若返りに効きそうじゃないか」と反論してきた。たしかに、「プラセボ効果」というのがあるから間違いではないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る