橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

日本は労働人口が減少 増え続ける外国人店員は是か非か

公開日: 更新日:

 ここ数年、コンビニや飲食店などに外国人店員が多くなった。以前は中国人が多かったが、最近はフィリピン、タイ、ベトナム、ネパール、スリランカ、インドネシア、ウズベキスタンなど、さまざまな国の人がいる。

 彼らのほとんどは、日本に勉強にやって来た留学生だと聞く。詳しくは知らないが、日本で働く外国人は就労ビザを取得しなければならないが、留学生はアルバイトの活動許可を得た場合、週28時間まで就労が認められているという。中にはおぼつかない日本語を話す人もいるが、ほとんどの人は丁寧な日本語で応対している。収入を得るために真剣に日本語を学んでいるのだろう。やる気のない顔でバイトをしている日本人より感じがいい。

 ある広告代理店に勤める若い営業マンに誘われて、新宿のミニクラブに入ったときのことだ。店内には数人の女たちが客の接待をしている。よく見ると日本人ホステスの他に、外国人ホステスもいて、達者な日本語で陽気にしゃべっている。僕はイマイチその雰囲気に付いていけなかったのだが、30歳代前半のフィリピン美人が近づいてきて席に着くと、「実は、私は不治の病にかかっているのです」といきなり言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る