橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

殺伐とした世の中に…仏教の「和顔施」と「言辞施」の意義

公開日: 更新日:

 繁華街を歩いていると、人とすれ違うたびに怖さを感じることがある。職場での人間関係がうまくいかずにイライラしているのか、理由はそれぞれあるのだろうが、険悪な顔つきでわざとぶつかってくる人がいる。

 先日は、渋谷のスクランブル交差点で、若い男と高齢男性がぶつかり、高齢者がよろける場面を目撃した。実に危ない。その背後で、茶髪の女2人連れが、「ジイさんがこんなところを歩くからだよ」と笑った。「あんたたちもやがてバアさんになるのだよ」と心の中で舌打ちしたが、こうした思いやりを持たない人間が増えている。

 以前も書いたが、目の前に高齢者が立っているのにもかかわらず、電車の優先席に平然と座っている若者もいる。ひどい世の中だ。そんな中、講演で長野県のある町に行ったときのことだが、通学路なのだろうか、細いあぜ道で小学生の男の子数人から挨拶をされた。この町独特のイントネーションで、「こんちゃぁ~」と言われた。見ず知らずの僕にニコニコしながら言うのだ。いい子供たちだなぁとうれしくなり、僕も笑顔で「こんにちは」と挨拶をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る