• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橋本テツヤ
著者のコラム一覧
橋本テツヤ

ジャーナリスト、コラムニスト、メンタルケア心理士、肥満予防健康管理士。著書多数。近著に「昭和ヒット曲全147曲の真実」(KADOKAWA)がある。全国各地で講演活動も精力的に展開中。

殺伐とした世の中に…仏教の「和顔施」と「言辞施」の意義

 繁華街を歩いていると、人とすれ違うたびに怖さを感じることがある。職場での人間関係がうまくいかずにイライラしているのか、理由はそれぞれあるのだろうが、険悪な顔つきでわざとぶつかってくる人がいる。

 先日は、渋谷のスクランブル交差点で、若い男と高齢男性がぶつかり、高齢者がよろける場面を目撃した。実に危ない。その背後で、茶髪の女2人連れが、「ジイさんがこんなところを歩くからだよ」と笑った。「あんたたちもやがてバアさんになるのだよ」と心の中で舌打ちしたが、こうした思いやりを持たない人間が増えている。

 以前も書いたが、目の前に高齢者が立っているのにもかかわらず、電車の優先席に平然と座っている若者もいる。ひどい世の中だ。そんな中、講演で長野県のある町に行ったときのことだが、通学路なのだろうか、細いあぜ道で小学生の男の子数人から挨拶をされた。この町独特のイントネーションで、「こんちゃぁ~」と言われた。見ず知らずの僕にニコニコしながら言うのだ。いい子供たちだなぁとうれしくなり、僕も笑顔で「こんにちは」と挨拶をした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る