偏差値40から大企業へ 東京工芸大は教員が即戦力を育てる

公開日:

 正直、知名度は低いが、歴史は古い。前身は、1923年に創立した写真専門学校。小西本店(現・コニカミノルタ)創始者の6代目杉浦六右衞門の他界後、7代目杉浦六右衞門が「小西写真専門学校」を創設。以降、東京写真工業専門学校→東京写真大学→東京工芸大学(77年から現在)と変遷してきた。

 注目は一般入試の志願者数増加ランキング(大学通信調べ)で全国4位になっていること。6年連続の志願者増だ。

「工学部の就職率は97%超で、首都圏では1位。卒業生は毎年400人ほどいますが、一人一人の研究内容などを把握し、就職支援の職員や研究室の先生も支援しています。社会経験豊富な教員が多く、即戦力になる実践的なモノづくりをさせたり、理系学生はあまりやらないインターンシップなども積極的に参加させているのも、就職につながっているのでしょう。来年4月に新工学部が誕生するため、さらに志願者は増える見込みです」(前出の安田賢治氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る