偏差値50未満の金沢工業大学 実就職率が2年連続1位の理由

公開日: 更新日:

 偏差値は50に届かない。進学校の落ちこぼれが集まるような学校だ。それでも就職はいい。「大学通信」の調べによると、実就職率は97・7%。卒業者数1000人以上の大規模大学としては2年連続で1位となっている。

 秘密は丁寧な指導にある。大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏が言う。

「高校時代のレベルに戻って数学や物理を教えるところから始めて、4年間で確実に力がつくように指導しています。1週間ごとに勉学や生活を振り返るリポートを提出させ、それにスタッフが返事を書いて渡すという取り組みもしている。学生が自由にものづくりを行える『夢考房』という施設があるのもポイント。理工系の学生に不足しがちなプレゼン能力を鍛えるため、社会人を相手に発表する場も与えています」

 おかげで、高校の進路指導教諭を対象にした「面倒見が良い大学」調査では、13年連続でトップを維持している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  8. 8

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  9. 9

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る