• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

昭和女子大は学校の手厚い支援で就職率8年連続トップに

 8年連続就職率1位(卒業生1000人以上の女子大)に加え、2018年入試では志願者数が女子大トップになった。ノリに乗っている同大は、改革が著しい。2013年にグローバルビジネス学部、17年に国際学部を新設した。

「女子大は学部の新設に慎重で、管理栄養士や看護・医療などの実学は多いですが、国際・社会学系の新学部設立は珍しい。志願者数を増やしている一因でしょう」(大学ジャーナリストの石渡嶺司氏)

■学内に米テンプル大が移転

 来年8月には、キャンパス内に米テンプル大の日本校が移転する。敷地内に日米の大学が共存するのは日本初の試みで、互いの授業を受けるだけでなく、スポーツ施設や学食などで海外の大学生と文化交流が深められるわけだ。

 これらの改革を進める、理事長兼総長・坂東眞理子氏は元官僚で、大ベストセラー「女性の品格」の著者。それだけに、女性のキャリア進出に対する支援も手厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る