昭和女子大は学校の手厚い支援で就職率8年連続トップに

公開日: 更新日:

 8年連続就職率1位(卒業生1000人以上の女子大)に加え、2018年入試では志願者数が女子大トップになった。ノリに乗っている同大は、改革が著しい。2013年にグローバルビジネス学部、17年に国際学部を新設した。

「女子大は学部の新設に慎重で、管理栄養士や看護・医療などの実学は多いですが、国際・社会学系の新学部設立は珍しい。志願者数を増やしている一因でしょう」(大学ジャーナリストの石渡嶺司氏)

■学内に米テンプル大が移転

 来年8月には、キャンパス内に米テンプル大の日本校が移転する。敷地内に日米の大学が共存するのは日本初の試みで、互いの授業を受けるだけでなく、スポーツ施設や学食などで海外の大学生と文化交流が深められるわけだ。

 これらの改革を進める、理事長兼総長・坂東眞理子氏は元官僚で、大ベストセラー「女性の品格」の著者。それだけに、女性のキャリア進出に対する支援も手厚い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る