学長は出口治明氏 立命館アジア太平洋大学はまるで外国

公開日: 更新日:

 略称はAPU。別府市(大分県)の山の中に日本と思えないような雰囲気のキャンパスがある。言葉も肌の色もファッションも違う学生たちが、ごたまぜでたむろしているのだ。

 創立は2000年だから歴史は浅い。それでも英国の高等教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)」の「世界大学ランキング日本版2018」で21位にランクイン。私学に限れば、慶応、早稲田、上智、ICUに次ぐ5位で、本家の立命館(23位)より評価が高い。

 特徴は、想像を超えるグローバルさ。これまでに147の国と地域から学生を受け入れていて、5月1日現在の学生数も国内が2920人で留学生が2906人とほぼ半々。教職員も半数は外国籍だ。

 大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が言う。

「日本人学生の半分ぐらいは留学生と一緒に寮で生活しています。生まれた国や地域はバラバラなので生活習慣も全然違う。そんな人たちと共同生活をすれば、自然と文化的な知識と多様性が身に付き、コミュニケーション能力も鍛えられます。私が取材で訪問したときは学生たちが料理をしていたんですが、調味料や香辛料の使い方をめぐり意見を戦わせていました。日常的にお互いの主張をぶつけ合う環境にいられることは大きいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  9. 9

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る