横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【ダイハツ ミラ トコット】かわいさより生活機能を重視

公開日:

 ファミリーカーとしての軽自動車は、背が高くて室内が広いワゴンタイプが主流。だが、1人1台、自転車代わりの足としてなら、昔ながらの2BOXタイプも根強い人気がある。実写版ちびまる子ちゃんのCMが話題の、このクルマも、そんな一台だ。

 この手の軽自動車の使い手は、通勤通学に使う若者や主婦など女性ユーザーが中心。軽だけに実用性や経済性は申し分ないが、デザインは女性目線ではなく、会社の営業車のような色気のないモデルが多かった。

 そこで、企画チームは、ユーザーに近い若い女性社員を中心に構成。女性を意識すると、かわいさやカッコよさを「盛る」感覚になりがちだったデザインを改め、素の魅力が感じられるシンプルさを追求。個性的な3種のスタイルパッケージを用意するなど、男性も含めてオシャレに着こなせるクルマを目指す。

 写真の通り、男性も納得のデザインだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る