横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【ダイハツ ミラ トコット】かわいさより生活機能を重視

公開日: 更新日:

 ファミリーカーとしての軽自動車は、背が高くて室内が広いワゴンタイプが主流。だが、1人1台、自転車代わりの足としてなら、昔ながらの2BOXタイプも根強い人気がある。実写版ちびまる子ちゃんのCMが話題の、このクルマも、そんな一台だ。

 この手の軽自動車の使い手は、通勤通学に使う若者や主婦など女性ユーザーが中心。軽だけに実用性や経済性は申し分ないが、デザインは女性目線ではなく、会社の営業車のような色気のないモデルが多かった。

 そこで、企画チームは、ユーザーに近い若い女性社員を中心に構成。女性を意識すると、かわいさやカッコよさを「盛る」感覚になりがちだったデザインを改め、素の魅力が感じられるシンプルさを追求。個性的な3種のスタイルパッケージを用意するなど、男性も含めてオシャレに着こなせるクルマを目指す。

 写真の通り、男性も納得のデザインだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 8

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

もっと見る