横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

スバル【フォレスター】キーコンセプトでも中身と走りがUP

公開日:

 フルモデルチェンジでも、旧型とイメージがあまり変わらないケースが増えている。今月19日に発売されるスバルのSUV、フォレスターも一見、旧型そっくりだ。

 業界用語では、「キープコンセプト」と呼ばれる手法だが、ボディーサイズはやや拡大。4.625メートルの全長はともかく、全幅は1.815メートルのアメリカンサイズ! 実はこのクルマ、北米をはじめとする海外市場での稼ぎ頭なのだ。

 ガソリン車が2.5リットルと大きめになったのも、海外市場を意識した結果。日本市場向けには、2リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車を新たに用意。小回り性能はトップクラス。視界もいい。サイズ感に慣れれば運転は楽だ。自動ブレーキのアイサイトは全車に標準装備。アクセルやブレーキ、ハンドル操作まで自動制御する高度な運転支援システムもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る