横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

スバル【フォレスター】キーコンセプトでも中身と走りがUP

公開日: 更新日:

 フルモデルチェンジでも、旧型とイメージがあまり変わらないケースが増えている。今月19日に発売されるスバルのSUV、フォレスターも一見、旧型そっくりだ。

 業界用語では、「キープコンセプト」と呼ばれる手法だが、ボディーサイズはやや拡大。4.625メートルの全長はともかく、全幅は1.815メートルのアメリカンサイズ! 実はこのクルマ、北米をはじめとする海外市場での稼ぎ頭なのだ。

 ガソリン車が2.5リットルと大きめになったのも、海外市場を意識した結果。日本市場向けには、2リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車を新たに用意。小回り性能はトップクラス。視界もいい。サイズ感に慣れれば運転は楽だ。自動ブレーキのアイサイトは全車に標準装備。アクセルやブレーキ、ハンドル操作まで自動制御する高度な運転支援システムもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  3. 3

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  4. 4

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  8. 8

    福原愛が念願の五輪解説で大張り切り “不倫妻イメージ”払拭に躍起も複雑な胸中

  9. 9

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る