• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【ホンダ N-VAN】荷物専用車が“夢見るハコ”に大きく飛躍

 4ナンバーの軽商用バンは、宅配便や建設業などの職人さんの足、キッチンカーなどにも使われるプロの道具。世の中に、なくてはならない存在だが、一般ユーザーが興味を持つことはなかった。

 ところが、この夏に登場したこのクルマには、「面白そう」という人が珍しくない。商用車など紹介しない自動車雑誌でも、盛んに取り上げられているのだ。

 人気の秘密は、遊びの足として楽しめそうな使い勝手とデザインだ。荷物車だから、室内が広いのは当然で、運転席以外のシートをパタパタと畳めば、床は真っ平ら。大人が楽に横になれる。

 荷物の積み降ろしがしやすいよう、左側の柱をなくし、助手席ドアとスライドドアを開けると、間口は約1.6メートル。バイクや自転車、サーフボードの積み降ろしも楽チンだ。

 荷台の壁には、ボルトをねじ込める穴がたくさんあって、棚や仕切りを作るのも簡単。内装は、荷物の角が当たっても傷が目立たない素材とデザインで、遠慮なく使い倒せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る