横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【ホンダ N-VAN】荷物専用車が“夢見るハコ”に大きく飛躍

公開日: 更新日:

 4ナンバーの軽商用バンは、宅配便や建設業などの職人さんの足、キッチンカーなどにも使われるプロの道具。世の中に、なくてはならない存在だが、一般ユーザーが興味を持つことはなかった。

 ところが、この夏に登場したこのクルマには、「面白そう」という人が珍しくない。商用車など紹介しない自動車雑誌でも、盛んに取り上げられているのだ。

 人気の秘密は、遊びの足として楽しめそうな使い勝手とデザインだ。荷物車だから、室内が広いのは当然で、運転席以外のシートをパタパタと畳めば、床は真っ平ら。大人が楽に横になれる。

 荷物の積み降ろしがしやすいよう、左側の柱をなくし、助手席ドアとスライドドアを開けると、間口は約1.6メートル。バイクや自転車、サーフボードの積み降ろしも楽チンだ。

 荷台の壁には、ボルトをねじ込める穴がたくさんあって、棚や仕切りを作るのも簡単。内装は、荷物の角が当たっても傷が目立たない素材とデザインで、遠慮なく使い倒せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  8. 8

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る