横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【トヨタ カローラスポーツ】最先端ITカーに大変身

公開日:

 6月26日に発売された12代目のカローラは、保守的な5ナンバーセダンという既成概念を覆す、全幅1790ミリ3ナンバー車。2BOXのハッチバックで、顔だちも精悍(せいかん)だ。車名も若々しくカローラスポーツを名乗る。

 実は欧州では、2006年に登場した2世代前のモデルから、こちらが本流。日本では伝統的イメージと合わないため、「オーリス」という別のクルマとして売られていた。新型は日本向けも世界に合わせたというわけ。

 レベルの高い欧州で磨かれてきただけに、走りの良さは折り紙つき。快適な乗り心地とキビキビした操縦性のバランスは、欧州車感覚だ。

 1.2リットルターボと、1.8リットル+モーターのハイブリッドは、どちらも余裕のある走りと低燃費を両立。高速走行中心なら1.2リットルターボ、街中走行も多いならハイブリッドが目的に合うだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る