横田晃
著者のコラム一覧
横田晃自動車ジャーナリスト

1959年生まれ。大学時代に書いた小説が、ある新人賞でいいところまで残ったことから活字業界に。開発者のインタビューや販売最前線の情報など、人物やカーライフの企画を得意とする。「ベストカー」や「Motor Magazine」などカー雑誌などで幅広く活躍するほか、スポーツ選手や経営者などの企画記事も手掛ける。「国産車の予算でかしこく輸入車に乗ろう」「テストドライバーのないしょ話」など著書多数。

【スバル レヴォーグSTIスポーツ】走りも造りも高性能

公開日:

 バブル時代は誰が見ても凄いクルマが売れ筋だったが、今は違う。実用車でも高級車でも、求められるのは経済性や安全性、使いやすさなど。そんな基本性能が前提で、目の肥えたユーザーのメガネにかなう付加価値を実現できたクルマが売れている。

 スバルレヴォーグの販売台数の4割を占める「STIスポーツ」は、そんなトレンドを物語る一台だ。グレード名の「STI」はスバルの子会社で、レースやラリーなどの競技用車両を開発。その技術を生かして、半ば手作りの高性能チューニングカーを造り上げ、スバルのディーラーで限定販売している。

 一方、「レヴォーグSTIスポーツ」は、そんなSTIが開発した部品を新車の生産ラインで装着。インテリアも趣味良く仕立てた量産車だ。エンジン性能は他のレヴォーグと同じだが、ドイツ製サスペンションのほか、ハンドルの手ごたえや応答性を高めるSTIの部品のおかげで、乗り味は、はるかに大人っぽい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る