田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

18歳の頃…暗夜の歌舞伎町でみた「国際反戦デー」のデモ

公開日: 更新日:

 1969(昭和44)年4月。奨励会(棋士養成機関)の三段だった私(当時18)は、「新宿将棋クラブ」の受付の仕事を、同期の奨励会員と一緒に手伝うことになった。

 その将棋クラブは、西武新宿駅とコマ劇場に程近い5階建てビルの3階にあった。会社の将棋部などから得る指導料しか収入がない私としては、屋上のプレハブ小屋に無料で住めるのは魅力的な待遇だった。

 10代の私は、日本一の繁華街である歌舞伎町の喧騒にまごついてばかりいた。お金がないので1台の電熱器だけで自炊し、たまに安い定食屋で食べた。風呂はコマ劇場の横にあった「歌舞伎湯」に入った。

 丸刈りだった私が平日の昼間に街を歩いていると、家出少年に見られたようで、警官に呼び止められ、交番で身元を調べられたこともあった。

 将棋クラブの受付の仕事はすぐに慣れたが、酔っぱらいや目つきの鋭い“バッジ”を着けた人との対応には手を焼いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  10. 10

    打ち切り説「バイキング」に拡大報道…フジは坂上忍と心中

もっと見る