田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

菅井竜也七段「ワープ角」らプロ将棋で起こった“反則負け”

公開日: 更新日:

 将棋のプロ棋士は緻密な読みで高度の技を盤上で見せる。しかし、「反則」を犯すという信じられないことがまれにある。

 10月にB級1組順位戦で橋本崇載八段(35)と菅井竜也七段(26)が対局した。ともに1勝4敗で、敗れると降級の危機に陥る深刻な勝負だった。

 菅井は終盤の局面で優勢になった。橋本は残り時間が7分と少なく、「形勢は不利だし、時間もない。ダメだな」と負けを覚悟したという。そうした状況で珍事が起きた。

 第1図は、菅井が7九にいた角を先手4六角と進めたところで、銀取りになっている。

 橋本は「うまく指された」と思った。受け方を2分ほど考えていると、記録係の様子がおかしい。あぜんとした表情をしている。そこで、盤面をよく見て反則にやっと気づいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

もっと見る