田丸昇
著者のコラム一覧
田丸昇

1950年5月5日、長野県東御市生まれ。元日本将棋連盟理事。中学生で奨励会入りし、佐瀬勇次名誉九段の門下生となる。長髪から「ライオン丸」というニックネームで知られた。16年10月に現役引退。近著に「名棋士の対局に学ぶ 詰め&必死」(創元社)がある。

藤井聡太に敗れてプロ入り逃した出口若武三段に期待

公開日:  更新日:

 新人王戦は、六段以下の棋士、成績上位4人の女流棋士(いずれも26歳未満)、奨励会(棋士養成機関)の三段リーグ成績上位者、赤旗名人戦の優勝者(アマ)など、40人の若者らが出場する棋戦である。

 歴代の優勝者には、羽生善治竜王(48)、佐藤天彦名人(30)、渡辺明棋王(34)、森内俊之九段(48)、藤井猛九段(48)、丸山忠久九段(48)など、タイトル経験者が多い。若手棋士の登竜門になっている。

 私は43年前の五段時代(当時25)、準決勝で敗れて決勝に進めなかった。その対局で谷川浩司初段(同13=現九段)が記録係を務めていたのを覚えている。

 主催者は「しんぶん赤旗」を発行する日本共産党。政党が主催する唯一のプロ公式戦である。約50年前に、幹部の宮本顕治さん(後に党委員長)が将棋を愛好したことなどから創設された。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る