周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

北京五輪と四川大地震で中国でも認知され広告収入が激増

公開日: 更新日:

中国人向けポータルサイトで成功した男<3>

 ITど素人の王氏が、インターネット事業に手を出した。在日中国人専門の情報交換プラットフォームをつくれば、毎日知らない人との出会いも楽しめるし、金儲けも出来る――。こんなオイシイ商売はないと思い、産廃処理業で稼いだ儲けの大半をつぎ込み、「小春網(ネット)」を大阪で立ち上げた。2003年のことだ。

 当時、日本のネット人口は8000万を超え、世帯普及率は6割を突破。在日中国人も中国電信大手騰訊(テンセント)IM(インスタントメッセンジャー)の“QQ”を愛用していた。そんな時代を追い風に、王氏はブロードバンドのサーバーをレンタルして、無料会員の募集を始める。

「小春網は、当時の中国人にとって“雪中送炭”(雪の降る寒い時に炭を送る)のようなもの。サイトはたちまち口コミで広がり、あっという間に利用者は十数万人になったんだ。アパートやアルバイト探し、トラブルなど困ったことがあればすぐ問い合わせができる。とても便利でした」(在日中国人経営者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る