周来友
著者のコラム一覧
周来友ジャーナリスト、タレント

1963年、中国生まれ。87年私費留学生として来日、95年に東京学芸大学大学院を卒業。「週刊新潮」「週刊文春」などに中国事情について執筆するほか、「ここがヘンだよ日本人」(TBS系)、「なかよしテレビ」(フジテレビ系)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京系)などバラエティーやワイドショーにも出演。

酒が飲めず中国を飛び出し日本へ リサイクル業でひと儲け

公開日: 更新日:

中国人向けポータルサイトで成功した男<2>

 IT技術を駆使して、在日中国人の最たるコミュニケーションツールとなった小春網(ネット)。今や130万人もが利用するサイトを運営するのだから、パソコンの技術にたけて、かつ頭脳明晰な経営手腕の持ち主でなければならない――。そう推測しながら、会社のドアを叩いた。

 出迎えてくれたのは、うわさの張本人、王軼岩(オウイツガン)社長。年齢は40代。かっぷくのよい大男で、まるでハリウッドの戦争映画に出てくる鬼軍曹のよう。だが、穏やかな口調と人懐っこい笑顔は、厳格な軍人とは似ても似つかない。まず、彼の生い立ちを聞いた。

「僕が生まれたのは1971年、出身地は吉林省長春市です。正直に白状しますと、全くのIT音痴です。小さい頃から遊びが大好きで、特に頭が良いわけでもなければ、勉強が出来たわけでもなかった。吉林工学院という単科大学で情報システム学科を専攻したものの、当時はパソコンも普及していなかった時代のせいか、役に立つものは何も得られなかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  3. 3

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  6. 6

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

  7. 7

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  8. 8

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  9. 9

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  10. 10

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

もっと見る